Spotifyが上場。利用人数は世界で2億人に迫る。広告ブロックアプリを使っての無料利用が200万人ほど。

Spotifyが上場。利用人数は世界で2億人に迫る。広告ブロックアプリを使っての無料利用が200万人ほど。

音楽の違法ダウンロードや、無料視聴へのアンチテーゼが大元の理念にあるSpotify。

Spotifyの稼ぎ方は主に2つ。

「広告収入」と「有料会員」で、無料で利用するには「広告」が画面上に表示され、「有料会員登録」をしたユーザーには「広告」が除外される。

無料で利用できる手軽さでユーザーを掴み、広告を見せ、広告に煩わしさを感じるユーザーには「有料会員」への登録を勧める。

インターネットやテレビなど、割とどこでも使われている手法で、音楽を使った儲け方のスタンダードを作りあげた。

無料で音楽を享受する輩はこれからも存在する

残念な話かもしれないが、ストリーミングで月々激安で利用できるにも関わらず、広告ブロックアプリを使って無料でSpotifyを利用しているユーザーが、世界で200万人ほど存在するという。

 

 

こういう裏技が存在することで、まだまだ音楽を無料で視聴する風潮はなくなりそうもない。

市場規模は6000億円以上

アメリカ音楽市場規模でストリーミングの市場規模は6000億円以上と発表されている。

音楽が売れない、無料ダウンロードからの脱却が成功しつつある昨今。

一時期の違法ダウンロードや、古くは海賊版が席巻した音楽視聴が蔓延る時代からすれば、快挙だと思う。

市場規模は順調に伸び続けており、ユーザーにも定着しつつあるが、今後の更に伸ばすには「アーティストとの共存」がひとつのキーワードになると考えられる。

アーティストへの利益分配増加がひとつの使命

ユーザーを増やす努力をSpotifyが続けるのはもちろんのこと、アーティストとSpotifyの関係性も他サービスにはない魅力のひとつ。

アーティスト側としては、ユーザーのプレイリストに加えてもらったり、Spotifyを通してファンとコミュニケーションを取れることで、ユーザー側のメリットも同時に生まれる。

アーティストが進んで利用したいと思えるサービス、プラットフォームの充実はSpotifyに期待したいところ。

アジア圏での拡大はまだまだ可能性を秘めている

ユーザー数は発表されていないものの、アジア太平洋地域は全体の10%程度と、まだまだ市場拡大の余地がある。

音楽を愛する人たちからすれば当然のように利用している定額制サービスだが、そうまででもない潜在的なユーザーに訴求するには、より一層のプロモーションが必要かと思う。

大手レコード会社とは協力するのか

日本に上陸して間もないサービスということもあるかもしれないが、大きなひとつの問題として、レコード会社がSpotifyでの配信を許可するかどうか、これは重要な問題だと思う。

Apple MusicやGoogle Play、Amazonなど、曲のラインナップはどのサービスも横ばいになっていて、今後もその差は広がらないと思う。

基本的にそこで差をつけられることは、そのサービスのユーザー数を大きく左右するところであるから、そのサービスも手を抜けないところ。

そんな中難しい問題は国によって大きなレコード会社が大きな力を持っていて、古い体勢や独自のマーケティングを未だに信じていて、ストリーミングサービスへの参加に否定的なところ。

SpotifyやApple Musicに続けと言わんばかりに、似たようなサービスを開始しても二番煎じ感はぬぐえない。

ビッグアーティストやスターを抱えるレコード会社はどんどん配信を開始して欲しいところ。だが、音楽で勝負できるかどうか、これには疑問がある。

某アイドルグループや、ある程度のポジションを確立していて成功を収めているミュージシャンにとって、楽曲で勝負するプラットフォームに飛び込むのは勇気がいることだと思う。

無名の新人が再生数を伸ばし、大御所ミュージシャンの新曲は広告費の方が高くつく。

そうなってしまうと、レコード会社に所属する意味事態が問われることとなり、楽曲作成、プロモーション、広告をミニマルに戦略的に行える、コンパクトなビジネスがうまいミュージシャンやアーティストのライフスタイルが注目されることとになる。

代表的な日本発の覆面ユニット「AmPm(アムパム)」のように。

 

めまぐるしかった音楽視聴時代はこれからスタンダードとして定着するのか

ミュージシャンがどのようにセールスをしたいか、それにSpotifyが応えてくれるのか、それが明確になればユーザー数も定着すると思う。

現状Spotifyは他のストリーミングサービスに大きく差をつけていて、独自のインターフェースとプラットフォームを展開中。

広告ブロックアプリなどの問題は、これからも問題として残るかもしれないが、一時代の違法ダウンロードに比べればかわいいもの。

音楽の聴き方を根付かせ、音楽が成長産業であることを世に知らしめて欲しいと願います。